きまぐれさよちんブログ   

アクセスカウンタ

zoom RSS 姉のこと・・・・・ご心配戴きありがとうございました。。。

<<   作成日時 : 2008/12/13 21:20   >>

トラックバック 0 / コメント 40

画像

宮崎市の観光地の一つ・・・・・「平和台公園」です。




こんなに澄み渡った青空の下に。。。。。。


家族や私たちの願いも空しく、姉が他界しました。

平成20年12月11日午後12時11分でした。姉を慕う肉親全てのものに囲まれて。

死因は膵臓癌・肝臓癌の他、姉の身体のあらゆるところに「癌」がはびこっていたそうです。

私にとって・・・・・・否、姉の周りのみんな・・・全ての人にとって姉の存在の大きさを嫌と言うほど味わっています。

こんなに悲しい決別がここ最近、私の身近に起こったことが無かったので今・・・・・・・・

とてつもない悲しみに打ちひしがれています。

あんなにいっぱい泣いたのに、もうこれ以上涙は残ってないと思ったのに・・・

未だ私は泣いています。

テレビを観ていても、誰かと話をしていても、誰かの話声を聴いていても、ふっと、姉を思い出して泣いています。

ご飯を口に運ぼうとした瞬間に嗚咽してしまいます。

切りがないほどの弔問客の方々が全員、本当に全員姉の死を悼み、悲しみの涙を流しました。

姉が生前こんなにも多くの方々に愛され、慕われていたことを初めて知った気がします。

姉は姉みずからの意思で「献体」をすることを決めていた人でした。

もう、数十年も前に「献体」をするための書類に捺印をしてくれと言って来たかの日を思い出しました。

何も考えず、何も疑わず簡単に捺印をしていた自分を今更ながら悔やんでいます。

例え姉の希望であり、願いであったとしても、あの捺印の所為でこんなに悲しい思いをするとは・・・・・・

他の身内はどうか分からないけれど、私は何故あの時反対しなかったのか・・・・・悔やまれてなりません。

姉は3年前まで三十年近く、「日本赤十字社・宮崎県東諸支部」に於ける会長を務めて来た人でした。

多分、その関係から医学の進歩に協力したいと真剣に考えていたのでしょう。

だから姉の魂は未だ黄泉へ旅立ったことにはならないのだそうです。

姉の子供たちは全員「母がそれを望んだのだから」と、泣く泣く納得をしているようでした。

しかし・・・・・・・・・

告別式の全てが終わった今日午後2時過ぎ、姉は霊柩車に棺ごと乗せられ宮崎医大へと連れて行かれました。

私たちはそれをただ見送るのみ・・・・・こんな悲しいことがあるでしょうか!

姉は家族の一人も同伴することなく、たった一人で医大へ運ばれたのです。

ついて行くことが許されないのです。

未だ未だ私の涙は尽きそうにありません。

だって悲しいんだもの・・・・・寂しいんだもの・・・・・・姉に会いたくて仕方ないんだもの・・・・・・・

あと、一回だけでいい、あと一回、姉の元気な姿を見たかった。。。

本当に神さま!あと一回で良かったのに・・・・・でも、やっぱり叶えてもらえなかった。

帰ってきて丁度、二十日目でした。

未だ未だ姉の傍に付いてたかった。未だ未だ姉の世話をしたかった。

姉の子供たちにも悔いを残させないように・・・・・・と、思いながらその子たちよりも出しゃばらず・・・・・・

それでも毎日傍に居たかった。居て、姉の願いは何でも叶えてやりたかった。

でももう、出来ない・・・・・・何もしてあげられない。。。。。悲しい・・・・・・・だって姉を看たと言う充実感が無い。

私自身が自覚出来ないでいる。。。満足出来るほどの看護をするための時間が少なすぎたもの。。。





画像






姉のため詠う今宵の三十一文字悲しい…寂しい…などとは言わぬ

死、ま近き者には誰もやさしかる陽ざしの中の朱のシクラメン

ただ息を繋げるのみの処置らしも姉にがんばれと言えずなりたり

屍のまま未だ一人献体の日を待つ姉と思いては泣く

白鳩の舞い降りて来ては翔びたてり師走の空の何処までも青





画像








テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(40件)

内 容 ニックネーム/日時
 お姉さんのこと、残念でした。なんと慰めていいかわからないけど、お姉さんの最期の何日かいろんな話ができて、看取ってあげられて、お姉さんも喜んでいたんじゃないでしょうか。
 献体をされたんですね。いろんな考え方があると思いますが、それがお姉さんの遺志なら尊重してあげたほうがいいと思います。もしそれができなかったとしたら、お姉さんも心残りになってしまったと思います。
 お姉さんのために、思い切り泣いてあげてください。あとは、辛くていろんな思いもあるでしょうが、さよちんを待っている人がたくさんいるんですから、しっかりして帰ってきてください。
遊哉
2008/12/14 00:42
お姉さん 残念ですが認めざるを得ませんね。
妻も肝臓を病んでまして
ガンの疑いがあり来週検査に行きます。
C型カイエンも40年も昔の話。いまさら昔を恨んでも戻ってこない
でも、なぜ て思いわ消えません。
ガンでなかればいいのですが。
過去を聞悔いても仕方ないと割り切っているつもりですが
お姉さんの冥福を祈ります。
nore
2008/12/14 00:54
さよちん姉さん、とうとう来てしまいましたね、待ってなかった時が。お話から、按じてはいたのですが、本当にさよちん姉さんにはかけがいのない方、寂しさと悲しさが倍旧に極まって、僕も何とお声をかければいいか分かりません。凛々しく生きられたお姉さんのご冥福をお祈りしますと共に、さよちん姉さん、看病の疲れを回復して早く元のようにお元気になられますように。【合掌】
shige
2008/12/14 01:21
さよちん、お疲れ様でした、この度のお姉さんの訃報に接し心よりお悔やみ申しあげます。ご家族の懸命な看護も叶わず他界されたお姉さん、みなさんの誠意あるお世話で穏やかな最後だったのではと察します、病に付す直前まで 日本赤十字社の支社、会長を勤められ、未だ若い時に「献体」を決意するなど、地域社会への貢献など、知る程にお姉さんの偉大さに敬意を表します、さよちんも、立派なお姉さん妹として誇りを持って、悲しみは尽きないでしょうが、さよちんなりに献身的な看護したのできっとお姉さんも喜んでる居られると思いますよ。 ・暫らくは大変でしょうが身体には暮れ暮れも気をつけて・・。
華。クラゲ
2008/12/14 07:30
さよちゃんへ。
お姉様のご冥福を心よりお祈りしています。
さよちゃんやご家族の気持ちを思うと言葉がありません。
残された者の悲しみは如何許りかと思いますが、お姉様の志を尊重してあげて・・・  立派なお姉様を尊敬します。
さよちゃん涙が枯れるまで泣いて・・・帰って来てください。待っています。お疲れが出る時なのでお身体に気をつけて下さい。
木の葉
2008/12/14 11:46
愛する人との永遠の別れ。
これほど悲しいものは有りません。
悲しいと歌えない気持ち、よく解ります。
お姉さまは、さよちんにとって大切な存在。
そして、社会的にも尊敬されるご立派な方だったのですね。
改めて、亡くなられたことが惜しまれます。本当に残念です。
心からご冥福をお祈りいたします。

さよちん、お体を大切にして下さいね。
お姉さまもそう念じていますよ。
S子
2008/12/14 12:37
 お姉さまのご逝去の悲報に接し、お悔やみのことばもありません。しかし皆様が、いつまでも悲しみに沈んでおられることは、決してお姉さまのお気持ちではないだろうと思います。
 お力落としのこととは存じますが、どうかお気持ちを強くおもちになって、一日も早く立ち直ってくださるようお祈り申し上げます。
 とりあえず弔意を表する言葉に代えさせて戴きます。 
my
2008/12/14 16:15
お姉さまのご冥福を、心からお祈りします。
とても素晴らしい方だったのですね。
私の次兄がガンで死んだとき、病院から解剖させてくださいといわれ、義姉は承諾しました。
私が送っていきましたが、とても辛かったです。
その経験もあったので、長兄の時は反対しました。

さよちんさんの心は、すぐには癒されないでしょうが、また元気に戻って来てくださいね。
お体を大切に..。
カンツォーネ
2008/12/14 20:02
何と申し上げていいのかわかりません。やっぱり肉親をなくすのは悲しいです。献体というのは骨をひろうこともできないんですね。そこまでは私も気が付きませんでした。
タカオ君
2008/12/14 21:14
さよちん
どうしてるのかなあ〜〜〜〜また泣いてる?
お姉さん立派な人だね。医学の発展のために「献体」されたのね。
お姉さまの希望だものしかたないわね。
さよちん・・・・あんまり悲しむとお姉さん心配するよ。
元気なさよちんが一番好きだよ。
メソメソしてばっかりしたらお姉さん
安心してあっちの世界にいけないよ。
お姉さんはみなさんに愛されて幸せだったと思う。
さよちん、人間っていつかは死んでいくんだね。
私達もいつかは行くんだよ。遠い世界にいっちゃったけど
魂はいきてるからずっとずっと生きてるんだから。

体のためにちゃんと食べなさいよ。
さよちんが病気になったらお姉さん心配するよ。
涙って人間の体のどこにあるんだろう・・・
泣いても泣いても涙は乾かない?

私は一番上の兄を亡くしました。兄は60歳でした。
兄弟の死って本当に辛い。

さよちんに慰めの言葉が見つからない。
心よりご冥福をお祈りします。合掌・・・・
ソナチネ
2008/12/14 21:31
遊哉さん、こんばんわ。とうとう姉が居なくなっちゃった。
もっともっと早くから帰ってれば良かった。
こんなに悪いと思ってなかった。だって、余命2か月って言われて初めて連絡くれたんだもん。癌だってことは分かってたけどこんなに短い期間で死ぬなんて思ってなかった。今年の7月に「余命半年」ってことを甥っ子と姪っ子(長女)だけが知ってたらしい。妻にも夫にも隠してたらしい。
2か月って言われて初めて周りの身内に明かしたらしかったの。
だから私はそれを聴いて居ても立っても居られなかったの。
なのに、2か月どころか、たったの20日で居なくなっちゃったんだから。癌って怖いね。癌って嫌だね。悲しい・・・やっぱり。
さよちん
2008/12/14 21:46
noreさん、奥さんが何でもないことを心から祈ってるよ。
癌は嫌だ。noreさん、心配だろうけど頑張ってね!
姉はもう居ないよ。たった三人の姉妹だったのに二人になっちゃった。
すぐ上の姉も凄く寂しがってるからこの姉が落ち込んで行くんじゃないか心配。私は遠いしねえ〜。私が家に帰ることが寂しいらしいの。
私も未だ宮崎を離れられないでいるのよ。
さよちん
2008/12/14 21:59
shigeさん、いつもいつもコメントありがとう。
そう言えばこの前私のコメント欄に短歌を書いてたよね。
いつかゆっくり読みなおして感想を書くからね。
姉が居なくなって本当に寂しいです。もう毎日泣いてばっかり・・・
自宅へ帰るのが怖いの。泣いてばっかりの日が続きそうで・・・
さよちん
2008/12/14 22:02
クラゲちゃん、未だ宮崎に居ます。皆が心配してくれて本当に有難いと思ってる。元気にならなきゃって思うけど、何かにつけて涙がこみ上げるの。あと何日泣けば涙が出なくなるのかな。
朝目が覚めたときが一番辛い。心が重くて・・・
知らず知らずに泣いてしまうの。もっとしっかりしなきゃね!
献体は姉の希望だもんねえ〜。でも残された人間はたまんないよ。
さよちん
2008/12/14 22:06
このちゃん、携帯メールからも何度も励ましてくれてありがとう。
でも癌には勝てなかった。このちゃんも絶対しっかり完治してね。
姉の顔が次々に浮かんでたまらないの。すぐ上の姉も泣いてばっかり。
すぐ上の姉は身障者だから亡くなった姉がずっと心配してた。
でも私たちが仲良くしなきゃね。凄い数の弔問者だった。
姉は偉かったんだなあ〜、ってつくづく思ったよ。
だって誰にも優しかったもん。甥っ子の嫁が本当に悲しそうに泣いて彼女の泣き声も耳から離れないのよ。かわいそうだった。
姉は彼女の手厚い看護にも凄く感謝してたし・・・
みんなに ありがとうありがとう って言って死んでいったんだよ。
さよちん
2008/12/14 22:13
S子さん、ブログに姉のこと書いてくれたんだね。
ありがとう。凄く悲しくて悲しくて・・でも悲しい悲しいってあんまり言うと年甲斐もないって思うけど、だって悲しいんだもん。
S子さんも身体は絶対大事にしてね。私も大事にするわ。
すぐ上の姉が私以上に悲しがって可哀想でたまらない。
私が家に帰っちゃったらきっともっと寂しがるよね。残された私たちが仲良くしなきゃね。いつも優しい言葉をありがとうございます。
凄く感謝しています。
さよちん
2008/12/14 22:18
myさん、このたびは何度もコメントやメッセージをありがとうございました。姉がとうとう死んじゃったよぉ〜。
家族全員が見守る中を静かに息を引き取っていったの。
もう悲しくて悲しくてこんなに悲しい思いは何度も味わいたくないよ。
myさんも身体を大事にして欲しい。
それからここんところ本が読めてないの。読もうとしても何も頭に残らないんだもん。少しだけ待っててね。いつもありがとう。
さよちん
2008/12/14 22:22
カンツォーネさん、毎回コメント戴きありがとう。
そっかあ〜。。。カンツォーネさんのお兄さんは解剖されたんですか。
辛いよねえ〜。死んでまで身体を切り刻まれるなんて考えたくない。
姉にもせめて私が反対すれば良かったと思ったくらい。
早く元気になって明るい話題の記事を書きたいです。
でも、今しばらくは無理かも知れない。
さよちん
2008/12/14 22:27
タカオ君、元気にしてる?姉がとうとう死んじゃったよぉ〜。
一年の間に夫婦で死んじゃうなんて余程仲が良かったのかもね。
姉はこれからカラオケ行ったり、沢山旅行したり・・・って言ってたのにこんなにあっけなく死んじゃった。
さよちん
2008/12/14 22:30
ソナッチ、本当に何度も携帯メールありがとう。うれしかったよ。
今日もね、泣いてばっかりで頭が痛い。でも何とか立ち直らなきゃ。
だって、未だ姉は成仏してないんだよ。一人ぽっちで実際の献体の日を待ってるんだよ。考えたらかわいそうで耐えられないよ。。。
例え姉の希望だったと言っても私には耐えられない。
なんでそんなことしたの!って言いたいくらいだよ。
でも姉はもう居なくなっちゃったから・・・
本当に優しいメッセージを何度も何度もありがとう。
感謝してる。
さよちん
2008/12/14 22:36
さよちんさん こんばんは。
この度はお姉様の事本当に残念でした。心よりお悔やみ申し上げます。
時々気になって覗いてみていましたがこんな悲しい知らせが書かれていて身内の方の悲しみはいかばかりでしょう。
私もたった一人の兄弟である兄をなくした時の悲しみと重ね合わせました。何を見ても何をしても悲しみにつながり嗚咽が突然湧いてきました。

赤十字のお役を長年されていてその関係で献体をお考えになられたのでしょうね。身内には耐え難い事ですがお姉様のお考えですので従わなくてはならず辛い事ですね。
大勢の方に心からのお悔やみを言っていただきお姉様の生前の人となりが想像出来ます。ご家族皆さんの手厚い介護を受けられてきっと感謝しながら天国に旅立たれたと思います。
悲しみは日がたつごとに増してきます。さよちんさんもどうぞお疲れを出されないようになさってくださいね。
のろばあさん 
2008/12/14 22:46
のろさん、お久振りです。姉がとうとう死んでしまった。
こんなに悲しいものだったんだねえ〜。未だ未だ看病したかったよ。
みんなに看護してもらった、と言ってもあっと言う間だった。
献体は姉の希望であり、願でもあったんだろうけど、私は凄く辛い。
赤十字社の地区の会長が長かったからきっとそんな気持ちになったんだろうねえ〜。署名捺印をしてって来てからずいぶん歳月が経ってるから私はすっかり忘れてたの。改めて聞いて、愕然としちゃった。
兄が今年の2月に逝ったばかりだと言うのに、これからが姉の余生だと思ってた。来年早々にはすぐ上の姉と長男の嫁と一緒に私や私の子供たちの家に行くって言ってたらしいの。それも叶わぬ夢になっちゃった。
のろさん、いつまでも元気で居ようね。身体に気を付けて。
のろさんもソナッチもお兄さんを亡くしてるのね。
そうなのよ。ふっと涙がこみ上げるのよ。姉のことばかり考えてる。
さよちん
2008/12/14 22:59
2月に父親代わりだった長兄が亡くなり、今年は私も喪中なんだって話をして居た矢先に最愛のお姉さんまで逝っちゃうなんて酷だね!
その上、献体をされたとか?
献体をされた身内の寂しさ悲しさを知っているだけにさよちんにかける言葉が見つからないよ!
お葬儀が終わって自宅へ戻っても手を合わせる仏様が・・・

お姉さんの希望で献体したのだから、あまり考え込まない方が良いよ!
残されたすぐ上のお姉さんと仲良くして御供養したら?

皆に慕われ、看病され旅立たれたお姉さんは幸せだったと思います。

さよちん:残された甥っ子&姪っ子さん達の叔母として強くなってね!
ご自身の健康管理も忘れないでね!
愛ちゃん
2008/12/14 23:39
愛ちゃん、コメントありがとう。今日も姉の家に行って位牌と遺影にお線香をあげてきたよ。遺影を見ると悲しくて・・・
甥っ子や姪っ子が集まって賑やかだったけど。
あとどのくらい滞在するかなあ〜。もっともっと姉にお線香上げたい。
宮崎も夕方になると寒いけど、愛ちゃんそちらも寒いでしょう?
風邪ひかないでね。今夜は早くお風呂に入って寝ようと思う。
いつも優しいコメントありがとうね。
さよちん
2008/12/15 18:11
こんにちは、お姉さまのことお悔やみ申し上げます・・・身内になくなられるというのはこたえますよね、ましてお姉さまだとなおさら・・・だれが亡くなっても、辛く・悲しいできごとです。涙って不思議な事にいつまでも枯れることなくでてきます・・無理しなくとも泣くだけ泣いて悲しんであげましょうね。それから、お姉さまの医学への発展の為の献体を納得しましょう・・・お姉さまが自ら望んだようにして差し上げたんですからお姉さまを誇りに思ってください。でも、いつまでも悲しんでいるとお姉さまも悲しみますから・・お姉さまの為これからも元気なさよちんでいてください。・・・それが、お姉さまにとって一番嬉しい事だと思います。ガックリして体調を崩さないように御身大切にすごしてください。
エムエム
2008/12/15 18:24
こんばんは。
このたびのこと、ご愁傷様です。
何と申し上げてよいのやら言葉が見つかりません。
看た実感がないお気持ちはよ〜く分かります。父が亡くなった時に私も感じましたから。
献体のこと、実は私も以前からそうしようと考えていました。 まだ手続きはとっていませんが。 
残された者は納得がいかないかもしれませんが、やはりお姉さまの意思を尊重なさったほうがいいのではありませんか。そうしないとお姉さまが浮かばれないと思います。
悲しみは年月が流れても消えるものではありません。だって、もう二度と会うことが出来ないのですから。 その人の存在の大きさは、亡くなってからなお思い知らされます。 お姉さまはお幸せですよ。皆さんに看取られたのですもの。
こんな時はどんな言葉もむなしく感じます。
出来るだけ早く悲しみから立ち直ってくださいね。



夢子
2008/12/15 19:04
エムエムさん、お久し振りです。
コメント下さる方がみい〜んな献体を理解しなきゃ・・・って意見だし、私も理屈では分かってるけど現実問題となると「何でそれが姉でなきゃいけないの?」ってつい、思っちゃうんだよねえ〜。
だって、いつ姉の望みが叶うのか、お骨になって帰ってくるのにも短くて一年って言うんだよ。その間姉の遺体はどんな扱いを受けるんだろうってそればっかり考えちゃう。ネットで調べたりして大体は分かるけど、私には耐えがたい問題なの。考えただけで涙がこみ上げちゃう。
宮崎を離れようと思うけど、今以上に姉が遠ざかるようで中々帰れない。
でも優しいコメントをありがとう。何とか頑張るから。
さよちん
2008/12/15 22:11
夢子ちゃん、いつもありがとう。
中々悲しみが消えなくて困ってる。泣いてばっかり。。。
すぐ上の姉も本当に寂しがってかわいそうです。
いつになったら泣かなくなるのかな、私たち・・・
もっともっと早く宮崎へ帰れば良かったって思ったり。
姉はみんなに慕われて、大切にされて、確かに幸せだったかも知れないけど死んだら終わりだもん。姉のことは沢山書きとめておきたいことがあるんだけどな。また改めて書こうかな。泣かずに書きたいな!
さよちん
2008/12/15 22:17
お姉さのご冥福を心からお祈りします。さよちん、悲しいよね。ぽっかり穴が開いたようでしょう・・・私も姉が一人でも欠けたら寂しくて寂しくてしょうがないと思う。。
実際一人の姉に進行した癌が見つかり毎日泣いてた時がありました。手術で良くなったけどいつ再発するかわかりません。今のさよちんの辛い気持ちすごくわかるけどお姉さんはずっと皆に囲まれて最後幸せだったと思うよ。泣くだけ泣いたらこっちに帰っておいでね。待ってるから。
リサ
2008/12/15 23:52
お悔やみ申し上げます。

何といっていいのかわかりませんが、近しい人を見送って、後悔しない人などいないと思います。

さよちんが元気に戻るのを待っている方も沢山います。

御自身が身体を壊さぬように、ご自愛ください。
平成馬券師(地)
2008/12/16 04:01
リサちゃん、おはよう。もう泣きたくない。
突然泣き出してしまう自分がとても嫌い。姉の色んな言葉や笑顔や悲しそうな顔が浮かんでくるの。私たちは両親を戦争と病気で失ってるから私の二人の姉はそれはそれは苦労してるの。そんなことも思い出して泣きだしてしまう自分が辛いの。私だけが子供のころから苦労してない。
私は小さかったから実の親の顔も知らずに育ったけど、姉二人はずっと寄り添うように育ってきたの。だからすぐ上の姉が私以上に悲しんでる。
それも私の悲しみの一つなの。リサちゃん、ごめんね。朝から・・・
さよちん
2008/12/16 09:51
馬券師さん、ありがとう。
普段からお互いに遠すぎる生活をしてきたからこんなに姉が具合が悪いって知らなかった。せめて一か月前に帰省出来てたら違ったかも知れない。
姉の遺影と位牌に線香を上げています。
告別式には凄い方々の参列もあったりして私はびっくりしてしまった。
それだけ姉がこの町に貢献してたんだって思ったよ。
馬券師さんも風邪をひかないでね!ありがとう。
さよちん
2008/12/16 09:56
お姉さまのご冥福をお祈り申し上げます。
よく面倒を見てあげられたので姉上様もあちらの国で感謝されていますよ。きっと。
同じ年にご夫婦が亡くなられるとはきっと夫婦仲がよかったのでしょう。
12/11この日は私は近親者のお葬式でした。短歌をすらすら詠まれる85歳の茶人でした。女の見本のような人で今も惜しまれてなりません。
きっとお姉さまも惜しまれて黄泉の国へ旅立たれたと思います。 合掌
matsubara
URL
2008/12/16 15:33
さよちん こんばんは〜
お姉さんにことホントにお疲れさんでしたね
こんなに早く悲しい結果を聞くなんて想像もしませんでした
お姉さんのご冥福をお祈りもうしあげます
面倒をみてもまだ悔いが残るでしょうが
最後までそばにいてあげたのはお姉さんの希望だったんでしょうね

さよちんも少し身体を休めてゆっくりしてくださいよ
テス(nosaman)
2008/12/16 23:21
matsubaraさん、コメントありがとうございます。
姉は毎朝兄にお線香上げながら「お父さん、未だ私を迎えに来ないで」ってお願いしてたそうです。その話を聞いて私はわんわん泣いてしまった。
姉の死は本当に悲しい。中々宮崎を離れることが出来なくて困るけど、そうも言ってられないから・・・
matsubaraさんもお友達が亡くなったんですねえ〜。
惜しい人ほど先に亡くなっちゃうんですよねえ〜。
元気を出してね。私も元気を出して頑張るから・・・
さよちん
2008/12/17 18:08
テスさん、お久し振りです。いつもコメントありがとう。
姉が亡くなって本当に悲しいけど、いつまでもメソメソしてられない。
こんなに長く宮崎に滞在したのは初めてだけど、今回の帰省ほど悲しいことは無かった。近々自分の家に帰らなきゃいけないけど、離れ辛くってえ〜。明日はまた姉の家にお線香を上げに行きます。
位牌と遺影しか無いけど・・・姉が帰って来るのはいつになるのか分かんない。でも理解するしかありません。
さよちん
2008/12/17 18:14
さよちんさん、お姉様のこと本当に残念です。
お姉様のことを思いながらそばについていてあげたさよちんさんのこと
きっとお姉様はいっぱい感謝していることと思います。
宮崎への帰省がこんなに哀しいことになるなんて辛いことです。
さよちんさんも体調を崩さないよう・・・
せっかく宮崎にいるのに何もできなくてごめんなさい。
よしの
URL
2008/12/19 00:45
よしのちゃん、とうとう会えなかったね。宮崎に居たのに。
19日の夜9:30頃娘の迎えの車で帰ってきました。
翌、土曜日は仕事だって言う娘の依頼で早速さよぴの相手をしていました。
姉はとうとう居なくなった。いつまで経っても悲しいです。
何かにつけて思い出しては泣いてばかり。
よしのちゃんのお母さんは元気なんだよね。癌にだけはなりたくないな。
さよちん
2008/12/21 16:08
私も弟を膵臓癌で亡くし、弟の痩せて食べられない状態はそばにいるだけで辛いものでした。何か月も悲しんでる私に歌を勧めてくれたのは子供たちでした。3年がたちます。今は唄があり幸せです。ハンジナの悲しみの向こう側でHIDEさんを知り皆さんの歌を聴けて感動しています。私は力任せが先行してしまうのに、さよちんさん達は詩を噛みしめながら唄われるんですね。とても、勉強になります。お姉さんの分まで幸せになってくださいね。
マンマのなんでも奮闘記
2009/02/23 23:49
マンマのなんでも奮闘記さん、初めまして。
コメントありがとうございます。弟さんがすい臓癌だったのですか?
若い方だと進行も早いと聞きますのでそれこそ大変だったでしょうね。
お察し致します。私も姉の死から早や2ヶ月余りを経てますが、夜眠ろうとすると姉のことを思い出します。
カラオケをやってらっしゃるんですね。私は下手の横好きですから。
このブログでは色んな方々がご自分のカラオケアップされてるので楽しいです。
私は歳と共に声が出なくなっちゃって・・・
また遊びに来てくださいね。本当にありがとうございました。
さよちん
2009/02/24 10:44

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
姉のこと・・・・・ご心配戴きありがとうございました。。。 きまぐれさよちんブログ   /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる